キャッシング 比較

どこのキャッシング会社にすればいいか迷っていませんか?

日本全国には大小合わせて1000以上ものキャッシング会社があります。大企業のキャッシング会社はどこも間違いなく安全ですが、聞いたことのない無名のキャッシング会社は、未だに怪しいところが多いのが現実です。

あなたに合ったキャッシング会社がどこなのか、しっかりと比較検討できていますか?当サイトでは、キャッシング会社選びで失敗して痛い思いをしないよう、しっかりとあなたをサポート致します。

まずは日本全国のキャッシング会社の中からよりすぐりの3社を↓で紹介致します。上から順番に、
「無利息期間が日本一長い会社」
「即日でお金を銀行口座に入れてくれる会社」
「収入証明が無くてもお金を貸してくれる銀行系会社」

どれもキャッシング会社を比較する上では外すことのできない条件で、トップをとったキャッシング会社です。どこも超大手で、銀行系のグループであったり、直接銀行が運営しているので安心度100%です。

銀行系グループだから安心安全!


今のキャッシングは本当にびっくりする機能が満載!

今のキャッシング業界は昔と違って本当にすすんでいます。特にインターネットから申し込みができるなど、ケタ違いに便利になっています。実際に私が3社全部に登録してみた感想を先にお伝えします。

  • ネットからの申込だけで来店不要
  • 数分で審査が終わって結果がわかる
  • 銀行がやっている時間であれば即日振込
  • 返済はコンビニや銀行のATMで返済可能
  • 銀行系キャッシングなら収入審査もなし
  • どれをとっても素晴らしい利点だらけです。しかも大手だから、無理な取り立てや、違法な金利も一切なし。つまり下手な友達からお金を借りるよりも安全で安心。さらに文句も言わずすぐに振り込みしてくれます。

    ただ1点だけ注意しなくてはいけない部分があります。お金を借りる上限金額が法律で厳しくなったので、銀行系のキャッシング以外は年収の3分の1しか借りられません。

    年収が300万円の場合、100万円がMAXの借入可能額です。どれくらい借りられるかも、ネット申し込みならすぐにわかるので、その点は問題ありません。どうしても総量規制以上、つまり年収の3分の1以上のお金を借りなければいけない場合は、3番目に紹介している銀行系にアタックしてください。

    一番いいのは、3社全部にとりあえずは登録して、実際に使ってみて比較検討してみるのが一番です。どの会社も素晴らしい特徴をもっているので。

    そしてこれだけは約束してください。電柱などに貼られているような、怪しいところからお金を借りるのだけは絶対にやめてください。この約束をしっかりと守って頂き、お金に悩まないで済むように↓の3社で審査してもらいましょう

    この3社はどれも契約するべし!


    慰謝料を真面目に支払っていたら、キャッシングも使わないとダメに

    福井県在住 F.Kさん(34歳)

    若いうちに結婚すると離婚しやすいって誰かが言ってたと思いますが、そのとおりになってしまいましたね。あんなにもラブラブだった頃が懐かしいです。知らない間に自分が飽きてしまって浮気してしまったんですから、仕方ないことですが。

    恋愛も結婚も終わるときはあっさりとしていますが、後始末というのは長く続くようです。当然こちらが浮気をして離婚したわけですから、基本的に慰謝料を支払わないといけません。幸い、子供はいなかったので養育費は支払わなくていいですが…

    しかし慰謝料を真面目に払っていたら、ほんとに自分がバカを見るんじゃないか?と思いました。なんせその慰謝料を支払うために、私は生活を切り詰めながら、かつキャッシングまで使っているんですから。キャッシングを生活費に当てて、給料を慰謝料に当てている状態です。

    そこまでして慰謝料を払わないといけないでしょうか。馬鹿げているなぁと思います。ウワサでは慰謝料を支払わない人がどんどん増えているらしいんですけど、その気持ちもわかります。こんなにキャッシングをしてまで払わないといけないのだったら、むちゃくちゃじゃないかと思います。

    ただ、キャッシングの比較をして自分にあったものがないか探していましたが、さすがに離婚の慰謝料を支払うためのキャッシングなんて言うものは存在しませんでした。数も少ないでしょうし、第一やっぱりお金を借りてまで慰謝料の支払いをするのがおかしいと思っている人も多いのでしょう。

    とりあえずは今は生活できていますが、今後はわかりません。比較的金利の安いキャッシングを使うようにはしていますが、それでも生活が破綻したら、慰謝料どころの問題ではありませんから。今後は弁護士さんとも相談しながら、慰謝料の支払いについてどうするか考えていきたいと思います。