限度額まで借りられないキャッシングの理由

限度額一杯まで借りられないキャッシングの謎、その真相を明かします

近頃はクレジットカードなどでも簡単にキャッシング機能をつけられて便利ですよね。カード決済や電子マネーなどもずいぶん普及しましたが、まだまだ現金が必要になる場面も少なくありません。急な冠婚葬祭などの費用をまさかカードで支払うこともできませんから、そういうときは一時的に現金を借りられるキャッシングも便利です。

ところが、このキャッシングについて、たまに不可解な状況が起きているようです。それは、「限度額にはまだもう少しあるはずなのに、なぜか借りられない」という状況です。この事態の真相についてお話ししましょう。

まずキャッシングそのものについて軽くご説明しておきます。キャッシングとはつまり一時的な借金のことです。借金というと消費者金融会社の事務所まで出向き、審査を受け保証人まで立ててようやく借りられるものだというイメージを持っている方もおられるかもしれませんね。それも間違いではないのですが、どちらかというともう古いイメージといったほうがよいかもしれません。近頃はカードキャッシングなども普及し、比較的簡単にお金を借りられるようになっています。ただし、手続き自体は簡単でも借金は借金ですから、返す際にはかならず利子が必要になります。

このキャッシングなのですが、当然借りられる上限は設けられています。だいたい上限何万円までという風に決まっており、その上限までの範囲内ならお金を借りることができるというわけです。このとき、先に述べた不可解な状況、上限まではまだ少し余裕があるはずなのにお金を借りられなくなるという状況が発生することがあるのです。

この不可解な状況の理由ですが、利子が関係して起きることがあります。たとえば上限が10万円だったとしましょう。何度かキャッシングを利用することで、気が付けばもう9万円までお金を借りてしまっていました。しかし上限10万円まではあと1万円あるはずと思ってキャッシングを利用しようとしたら、もう上限一杯まで借りているとして借りられなかったということがあったとします。このとき、どうしてあと1万円借りられるはずが借りられないということになるのでしょうか。

それはこのキャッシング枠は利子も含めてカウントされるからです。9万円まで累計で借りていたとすると、その利子分の端数も厳密にカウントされているのです。つまり9万と端数いくらかが自分がキャッシングとして借りている額とみなされるわけです。キャッシングの単位は基本的に万単位ですから、たとえ端数分でも残りの枠が1万円を切ってしまうと、もう1万円借りたのと同じ扱いとなり、「上限一杯まで借りている」からこれ以上は借りられないという話になるわけです。

このようにキャッシングは利子までカウントされ、感覚的には上限一杯までは借りられないことがありますから、利用を考えている方は注意してください。