外貨入手のための借り入れ活用法

旅路で外貨を手に入れる際、もっとも簡単で意外な借り入れ活用法!

世の中もすっかり発達し、一昔前に比べて海外旅行へのハードルは格段に下がりました。以前ならば一般市民が海外に旅行するなど考えられない時代もありましたが、今ではお金と準備さえきちんとすれば明日にでも海外を旅行することができるでしょう。日本から海外へと渡航される人口は少なくありません。

ところが、国内旅行と違って海外旅行は一つ勝手が違う点があります。それは「お金」のことです。お金を使って社会が成り立っているのは海外でも変わりがないのですが、海外に行けばお金の種類が違うということ。日本円は使えませんから現地のお金に両替などして外貨を調達しなければなりません。為替レートも目まぐるしく変動し、なかなか外貨を手にするのは面倒だと感じている方も多いのではないでしょうか。そのような方に外貨を手にするための簡単な方法をお教えします。その方法とは、以外にも「借入」を利用するのです。

借入とは、つまり借金のこと。利子を支払うことを対価に一時的に現金を借りることです。堅実な人生を心掛けている方の中には借金自体に抵抗のある方もおられるかもしれませんね。確かに借金をすることが有効な裏ワザとなり得る場面はそう多くありませんが、海外旅行においての外貨調達方法に限ってはこれが有効な裏ワザとなるのです。

その方法とは、あらかじめ両替をして外貨を調達するのではなく、現地に着いて、現地のATMを使用して、カードキャッシングを行ないます。これだけで現地の通貨をある程度調達することが可能。手続きも非常に簡単でオススメの方法です。

なぜこれが優れているかといえば、旅の鉄則として、慣れない土地では多額の現金を持ち歩かないほうがよいからです。日本より比較的治安が悪いことの多い海外旅行となればなおさらだといえるでしょう。そんな旅路で現地の通貨を両替によって調達するとなれば、手続きが煩雑でどうしても一度にまとまった額を両替してしまいたくなるのが人情というもの。また両替してもらう元となる日本円もある程度まとまった額を持ち歩かなくてはならなくなります。これがあまりよろしくないことなのはわかっていただけるのではないでしょうか。

これがキャッシングとなると話が違います。ATMは海外にでも非常に多く見られるため、キャッシングの機会も豊富にあります。手続きも簡単ですから、少額をその都度キャッシングで調達できるとなると多額の現金を持ち歩く必要がなくなり安心だというわけです。

この方法の唯一の欠点というと、キャッシングであるがゆえに調達した資金には利子を支払う必要が発生するという点です。ですがこの欠点はかなり長期の旅行でない限り、帰国後すぐに資金を返済することでケアすることが可能です。旅行中に得られるメリットを考えれば十分元が取れる方法ではないでしょうか。手間の簡略化と旅行中の身の安全を兼ねたこの方法、やったことのない方は是非利用を検討してみてはいかがでしょうか。