キャッシングに保証人が要らない仕組と理由

キャッシングに保証人はなぜ要らない?その仕組みと理由を大公開!

キャッシングという言葉を聞き慣れない方もおられるかもしれません。キャッシングとは借金のことです。テレビのCMなどでも気軽に利用できることが宣伝されていますが、あくまで借金ですから当然利子の支払いも必要になりますし、返せなくなった場合はかなりのトラブルが予想されます。

このキャッシングなのですが、この手軽さに疑問を持っている方も多いのではないでしょうか。一昔前の常識ならば、借金は保証人や担保が必要になるものでした。間違っても個人が気軽に出向いて即日で借金を組めるほど簡単なものではありませんでした。もちろんケースにもよりますが、現在では個人で利用するキャッシングの場合、保証人などは必要にならないケースがほとんどです。しかしトラブルが非常によく聞かれるお金の貸し借りをそんなに簡単にやってしまってよいのでしょうか。保証人も要求せずにお金を貸して業者側は問題がないのでしょうか。

この疑問なのですが、以前は確かに保証人を立てることで借金に応じられることが多かったのです。しかし返済が滞ったときに保証人との間でトラブルも多く、社会問題にもなりました。そこで現在は、保証人は必要なくなった代わりに、最初の審査が厳しくなった部分があります。過去の借入履歴が多い、返済を滞納したことがあるなどの理由はシビアにカウントされ、場合によっては貸付を断られるケースもあります。

また、保証人が必要なくなったおかげで個人においてはやや手続きが簡略化できましたが、それだけ業者側にとっては資金を回収できなくなるリスクが高くなったことになります。それでも資金ショートを起こさないように、現在では総じて金利が高く設定されていることがあります。

仮に審査を通過し、お金を貸し付けたものの、利用者が資金を返しきれないという事態は十分に考えられます。どれだけ事前の審査を厳しくしても、未来に起こることを完璧に予測するのは不可能であり、そのような不測の事態を穴埋めするために保証人を立てるという意味合いもあったのです。しかし保証人を立てていない場合、不測の事態が起こった利用者からは資金を回収できなくなる可能性が格段に高くなります。そのようなとき、仮に回収できない資金が出たとしてもただちに倒産につながることがないよう、全体的に金利を高くしてあるのです。回収できない資金が一定額は出ることを見越しての金利が設定されていますから、ある程度の資金の焦げ付きならばそちらの金利分で吸収できるというわけです。

万が一利用者が資金を借り入れた後に不慮の事故や病気によって急逝したときも、その債務は相続人に引き継いでもらうことが可能です。以上のような理由で、現在は保証人を立てなくてもキャッシングを利用することができるのです。