無職 キャッシング

無職だとキャッシングは受けられない!厳しい現実が救いになる場合も

フリーター、ニート、引きこもり。昨今の日本で問題になっている人々です。フリーターは一応働いているので別だとしても、残りは間違いなく無職です。働く気力も無く、働いたら負けだと思っているような人たちです。さてさて、手に職も持っていない彼らは、果たしてキャッシングを受けることが出来るのでしょうか。

簡潔に結論から言ってしまいましょう。ニート、引きこもりに関しては基本的に天地がひっくり返りでもしない限りは無理でしょう。一銭たりとも収入が期待できませんし、担保に出来るものがあるかも不明、貯蓄があるならそもそもキャッシングをする必要が無いですから、まず間違いなく不可能でしょう。素直に諦めてください。

フリーターの場合には、働いてはいますが勤続記録も伸びませんし、安定した収入の確保とは言いにくいので難しいでしょう。また、同じ理由で、日雇い労働者もキャッシングを受けられる可能性が低いようです。ただし、アルバイトやパートタイマーであっても、収入が安定していると認められれば融資を受けることが可能なので、望みが無い訳ではないでしょう。

収入の安定性に主眼を置いて見た場合には、例えば人気芸能人がキャッシングを使用しようとした時に、いつまで売れ続けていられるかが不明なので申請で落とされるなんてこともあったようです。

このことから、キャッシングに関しては、収入量の多さではなく、安定して入ってくるという事実こそが重要なのでしょう。