周囲の人にばれない最近の借金事情

心配しなくても大丈夫!周囲の人に意外とばれない最近の借金事情!

借金というと、どうしてもネガティブなイメージがつきまとってしまいますよね。最近はまだ借金と呼ばずにキャッシングと呼ばれたり、無人の機械を使ってお金を借りることができるようになりましたが、それでも借金が借金であることに変わりはありません。ドラマなどで取り扱われる借金の姿というのもどうしてもドラマチック調に仕立て上げられがちです。実際はもっとたいしたことのない事情でお金が急遽必要になることだって少なくありませんが、そのようなイメージがつきまとう借金ですから、できればそれが周囲に知られたくないという方も多いのではないでしょうか。

借金が周囲の人にばれないためには夜中にこっそり事務所を訪れて関係者に頭を下げて……という特別な努力が必要になるように思えますが、実は近頃、キャッシングを取り巻く環境は大きく変わり、少し注意をすれば借金が周囲に知られることも減ってきています。それだけキャッシングのサービスを提供する側も消費者の声を受けてサービスを向上させているのです。

まず心配なのは、「業者側が会社名を名乗って連絡とかしてきたらバレそう……」ということだと思います。この点についてですが、実はそれほど心配がいりません。業者側は契約前の確認などで連絡をする場合、業者名を名乗らず、個人名を名乗って連絡を取ってきてくれることが多いのです。キャッシングのサービスを行なう業者も大手ともなればCMも全国的に流れており、業者名を名乗ってしまうとどうしても周囲に知られてしまいます。そのような状況を受け、業者側も自社のサービスを利用したことが周囲に不用意に知れないよう配慮をした結果、そのような対応を取ってくれるように変わってきています。

また「それでも明細書とか郵送されたらバレるんじゃないの?」という声はどうでしょうか。確かに明細書の封筒に会社名が書かれていたら同じく一発ですよね。この点はどうなのかというと、こちらは業者側によってもピンキリの対応ですが、やはり周囲に知れないような配慮をしてくれる場合があります。たとえば明細書を送付せずにweb上で閲覧できるようにしてくれる、封筒に会社名を書かないで郵送してくれるなどの対応があります。このような対応を取ってくれれば、やはり周囲にバレない可能性は高いと言えるでしょう。

しかし業者側がせっかくこのような配慮をくれていても、自分の行動によってはやはりバレる可能性が高くなります。それは「滞納」です。業者側としてもきちんと返済してくれない相手には次第に直接的なアプローチを取らざるを得なくなります。業者によっては滞納があっても即座に自宅を訪問するなどの対応を取らず、ワンクッション置いてくれる場合もありますが、それもこちらの対応次第という側面があります。やがて督促状の送付や回収人の訪問など、どうやってもバレてしまう段階へと話が進みますから、どうしても周囲には伏せておきたいという方は必ず返済を滞らせないようにしましょう。