キャッシング、初歩の疑問に答える

キャッシングって何?もっとも初歩の疑問にお答えします!

近頃キャッシングという言葉が聞かれますが、皆さんその意味についてきちんと理解されているでしょうか。なんとなくこういう場面で使われるということはわかるけど、いまいちはっきりと意味が分からないカタカナ語が最近多いですね。キャッシングというのはお金に関する言葉で、この言葉が意味するところを理解しないまま安易に手を出すと面倒なことになりかねません。キャッシングという言葉の意味について解説したいと思います。

キャッシングについて一言で言うとするならば、要は借金のこと。自分のものではないお金を借りることです。一昔前ならローンを組んでマイホームやマイカーを買うという姿がよく見られました。将来的に手に入るお金をいわば先に手に入れて人生に関わる大きな買い物をしてしまう、その後で借りたお金を返していくことで帳尻を合わせるという方法がもっとも有名な借金の姿ではないでしょうか。もちろんこれは一例であり、借りたお金の使い道は千差万別。とにかくこれから自分が手にするであろうお金を借金という形で先に手に入れること。このようなことが近頃キャッシングと呼ばれることがあるのです。

こうやって言われてみると単純な話に思えますが、ただお金を借りて、それを返せば終わりとはいきません。借金には利子が付き物です。利子というのは、自分の物ではないお金を用立ててくれることへの代金。お金のレンタル代とでも言えばよいでしょうか。レンタルでDVDを借りようと思えばレンタル代がかかるのと同じように、お金そのものを借りる場合にもレンタル代がかかります。そのレンタル代にあたるのが「利子」です。

キャッシングというといまいちイメージがつかない方もおられるかもしれませんが、要は借金ですから、キャッシングと呼ばれるサービスにはえてしてこの利子が付き物です。一昔前の「借金」と違って「キャッシング」と言われると何かハードルが下がる感じがしますが、どれだけ簡単に借りられたとしても借金は借金。借りたお金には必ずレンタル代として利子をつけることが必須になります。よくわからないカタカナ語に惑わされず、きちんと実態を理解して、利用は計画的に行なうようにしてください。