キャッシング比較 富山

イクメンになって、育児のお金をキャッシングで調達することになった

富山県在住 H.Sさん(27歳)
育児をする夫のことを最近はイクメンと呼んでいるみたいです。イケメンと引っ掛けているのでしょうけども、このイクメンにまさか自分がナルトは思いませんでした。ちょっと仕事の都合上、休んでもいいポジションになったので社長から「育休を取ればいい」と言われたのです。社長も会社の評判が良くなるからと言うので、遠慮なく取らせてもらいました。

でもイクメンになってからわかることっていうのがたくさんありました。育児に自分が参加していなかったときは全然わからなかったですし、外から見ていてもわからなかったのですが、子供の目線で考えるようになるといろいろな発見があります。

例えばお金の面についてはかなり育児にはお金がかかります。おむつや離乳食、おもちゃに洋服、ベビーカーや抱っこひもなどなど…いろんな分野でお金がかかってきます。そのお金をみんなどうやって工面しているか?というと、自分の母親にお願いしたりキャッシングを利用したりしているようです。

私も比較検討して、とりあえずはキャッシングを使うようにしました。足りない分についてはキャッシングで何とかしています。育児休暇も取るのはいいのですが、全く収入がゼロになってしまうのだけは何とかして欲しいですね。それこそキャッシングを使わなければやっていけないし、使うにしても金利が比較的安いところを選ばないとやっていけません。

他にも子ども目線で見るようになって「この道路は危ないな」とか「この遊具で遊んでいたら子供がケガをするかもしれない」という風に見ることが多くなりました。今までは普通の公園も、比較的安全な公園だけしか使わないようになったのです。

こうしてイクメンになってみると色々と見えてくるものがありました。とりあえずキャッシングのお金だけでも早く働いて返そうと思います。