キャッシング 融資

キャッシングとは個人向け融資のことである

キャッシングとは、小口の個人向け融資を指す言葉です。融資とは資金を融通することです。つまり、資金を貸して利子を貰うことですね。ちなみに、融資はローンとも言うので、キャッシングとローンの一種だという言い方も出来ます。

さて、では個人向け融資とはなんでしょうか。単純に語句の意味合いだけを抜き出して考えて、個人を対象にして、限度額などを限定した融資の形態の一つと言うべきでしょうか。それとも、大枠の中から該当しない項目をそぎ落として、融資の中でも企業向けでは無く、あまり大きな金額を動かさないものを指すと言った方がよいのでしょうか。

経験のある人も居るかもしれないですし、なんとなく考えてみれば分かりますが、個人が融資を受ける場合でも、家や車を購入する場合に発生するのは住宅ローンであったり、車のローンと言ったりします。それこそ後者の車などは、安いものであればキャッシングで借り入れ出来る額以下で買えたりしますが、基本的にはローンと言います。金額も対象もキャッシングと呼んでなんら差し支えないと言うのに、この暗黙の線引きはなんでしょうか。双方ともに個人に対しての融資ですから、普通であれば、キャッシングという狭義的な意味合いの言葉を使うのが自然な筈です。

昨今では個人向け金融として活動している企業からの融資のみをキャッシングと呼び、それ以外は大きな枠の語であるローンで表している、と説明すれば良いのでしょうか。